最終章・ヒントとなるもの

IMG_0077

働き方暮らし方は両輪である。

この2つは常にお互いに影響し合っている。

そして、人生を創造していく上においても、

大きな影響を及ぼしている。

だからこそ、「その先」を常に見つめてから、

「今」何をするべきか?が大事になってくる。

 

 

この内容はシリーズでお届けしております。

アンコンシャス・バイアス

地域とアンコンシャス・バイアス

ダイバーシティ&インクルージョン

現場で起こっていること

次世代へ向けて

こちらの5つの続きとなっております。

まだお読みでない方は、コチラ↑からどうぞ~~~

 

 

真面目風に、ちょっとだけ小難しい雰囲気で書いてきましたが(笑)

 

要は、女性が働きやすいとは、どういう場づくりをしていき、

どんな会話をし、どんな振舞いなのか?を具体的に、

「協働と共存の思い遣りある」コミュニケーションとして

機能させることについて、現場の声を拾い、忌憚なく探り、

現実化しましょうよ、という結論かと・・・

 

 

 

そこで、ヒントとなるものとして、3つ挙げてみました。

 

①科学的根拠や現象面分析に基づいた能力について情報を知る。

②能力にフォーカスした会話の割合を増やす。

③①・②について普段から実践出来る場づくりをする。

 

まずはこの3つが、出発点となるのではないかと私は思います。

 

意外なんですが・・・

日本って、「能力承認」についての話しって、

普段からあまりしないというか・・・(^^ゞ

 

いわゆる「スキルUP」という、「能力の向上」については、

「〇〇のセミナー受ける」「〇〇の資格を取る」「〇〇の本を読む」

などのお話は多いかと思います。

 

家庭おいても、「子供の能力を伸ばす」お話しは多いと思いますが、

パパとママのお互いの、「こんなことが出来るんだよ」

「こんな風に行動できるってすごいよね」というような、

「能力に対してお互いが敬意をはらいあう姿を表現する」は、

増えてきたとはいえ、まだまだ少ないように思います。

これは一例ですが、「現象面分析に基づいた能力についての会話」

当たるかと思います。

 

また、「性差における脳の働き」について、

話題にすることってあまりないですよね。

 

女性の場合は、こういう脳の働きがあるとか、

男性はこういう脳の働きが特徴的だとか。

脳の働きにフォーカスする会話は、

「科学的根拠に基づいた能力についての会話」

一例になるかと思います。

 

働き方と暮らし方は両輪なので、どちらの場においても、

このような会話を増やす機会を設けて、場づくりしていく・・・

 

シンプルですが、毎日の積み重ねによって、

また、このことがより多くの人に

行動としてシェアされ、次世代への贈り物となる。

 

ほんの少し、コミュニケーションを変化させるだけで

次世代をも視野に入れた幸せに繋がること。

 

大切にしていきたい想いです。

 

 

長いシリーズをお読み下さりありがとうございます<(_ _)>

 

 

 

Leave a Reply

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031